logo

10分でできる!WSL2でWindowsにLinux開発環境を作ろう!

この記事の文字数は、5,401 文字です。

WindowsでMacと同様のLinux開発環境を作るには、WSL2というソフトウェアをインストールする必要があります。 WSL2は無料で使えて簡単にインストールできます。 Linux開発環境がWindowsにインストールできれば、WindowsでWebシステムについて勉強したり、仕事でアプリケーションを開発することも可能になります。 これで、あなたのエンジニアとしての未来は開かれました。

検索キーワード
Windows 10
WSL2
Linux
Ubuntu

こんにちは。ナオツです。

本日は、WindowsでMacと同様のLinux開発環境を作る方法をご紹介します。 散々他の記事でWindowsを勧めてきて、具体的な記事を書いてませんでした。 遅くなってすみません…

僕がWindowsを使う理由はこちら

今日はしっかり手順を追ってご紹介いたします。

Linux環境とは

Linux環境について説明します。 プログラミングの目的は、サーバーを構築することです。

サーバーってそもそも何だっけ?詳しくはこちら

フロントエンドサーバーにしてもバックエンドサーバーにしても、サーバーとは コンピューター でした。

OS (Operating System)

コンピューターには、それ自体を制御するためのOS(Operating System)がインストールされています。 たとえば、

  • フォルダーを開いてファイルを探す
  • パスワードを入力して、PCにサインインする
  • 日本語入力と英語入力を切り替える

などなど。 書き出したらキリがありませんが、コンピューター全体を制御する機能が搭載されています。 みなさんがよく目にするOSは、

  • Windows 10 OS
  • Mac OS
  • Chrome OS
  • iOS(iPhone)
  • Android OS

などです。 これらは個人が使うコンピューターとして洗練されたOSです。

Linux OSは無料で使える

LinuxもOSのひとつ です。

Linuxを個人で使うこともできますが、とくにサーバーとして使われることに洗練されています。 国内のサーバーOSの80%がLinuxである、という統計結果も出ています。 残りはWindowsサーバーなども使われているようですが、有償なので企業で使うには稟議が必要です。

その点、 Linuxは無料で使えます。

プログラミング言語がたくさん発表されていますが、これらの言語で作られたアプリケーションはLinuxで動くことを前提としていることが多いのです。

つまり、Linux環境がないと開発環境を構築できないと言っても良いでしょう。 Macがプログラミングする上で人気なのは、標準でLinux環境が搭載されているからです。

WSL2のインストール

Windowsは、初期状態ではLinux環境が使えません。 Windowsのユーザーはエンジニア以外にもたくさんいますので、Linux環境が必須でないからです。 ですので、別途インストールしていく必要があります。 それでは、WindowsにLinux環境である WSL2(Windows Subsystem for Linux 2) をインストールしていきましょう。 インストールは 無料 で行うことができます。

といっても、WSL2のインストール方法はMicrosoftの公式ドキュメントで公開されていますので、この手順に沿っていくだけです。

ここではその手順の中でわかりづらいところを補足しながら、簡単な言葉で改めて説明していきます。

手順 1 - Linux 用 Windows サブシステムを有効にする

1. Windowsのメニューから、 Windows Power Shell を選択します 2. 右クリックで 管理者として実行する を選びます(ウィンドウに「管理者」と表示されます) Powershellを管理者で起動する

3. 下記のコマンドを入力します

dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart

Powershellコマンド

手順 2 - WSL 2 に更新する

WSLにはバージョン1と2があります。 どちらもLinux環境ですが、WSL1だと上記のLinux環境が100%構築できません。 ですので、WSL2にバージョンを変更する必要があります。

WSL2はWindows 10 May 2020 Updateから正式に利用できるので、バージョンを確認しましょう。

「Windows + R」で「ファイル名を指定して実行」→"winver"と入力→「OK」を押下 winver

表示されたビルドが「18362」以上ならOKです! OSビルド情報

ビルド情報が古かったら、Windows Updateで最新にアップデートしましょう。

手順 3: 仮想マシンの機能を有効にする

手順1と同じく、管理者で開いたPowerShellで下記コマンドを実行します。

dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart

仮想マシンの機能を有効にする

コマンド実行後、Windowsを再起動します。

手順 4 - Linux カーネル更新プログラム パッケージをダウンロードする

リンクにある「WSL2 Linux カーネル更新プログラム パッケージ」をダウンロードして、実行するだけです。

手順 5 - WSL 2 を既定のバージョンとして設定する

このままWSLを利用すると「バージョン1」になってしまうので、デフォルトを「バージョン2」に変更しましょう。 PowerShellで下記コマンドを実行します。

wsl --set-default-version 2

手順 6 - 選択した Linux ディストリビューションをインストールする

実はLinuxといってもいろいろな種類があります。 有名なところだと、

  • Red Hat系(CentOSなど)
  • Debian系(Ubuntuなど)
  • Arch Linux

などがあります。 この手順では、 どれを選びますか? っていうことですね。 こだわりがなければ Ubuntu がオススメです。

UbuntuはLTS(Long Term Support)版といって、サポート期間の長いバージョンがリリースされています。 普通のUbuntuはサポート期間が最低数か月なのに対して、LTS版は最低5年のサポートが保証されます。

Microsoft StoreからUbuntu 20.04 LTSをインストールしましょう。

Ubuntu起動

インストールが終わったら「起動」ボタンを押します。

Ubuntu初期ターミナル

起動するとBash(バッシュ、ビーエーシェル)と呼ばれるPowerShellやコマンドプロンプトのようなターミナルが起動されます。

  • 最初に「Installing, this may take a few minutes...」と表示されるので、しばらく待ちましょう
  • 「Enter new UNIX username」と表示されるので、好きなユーザー名を入力しましょう(半角英数字)
  • 「New password」と表示されるので、ログインパスワードを入力しましょう。(入力しても画面上には何も表示されません)
  • 「Retype new password」と表示されるので、同じパスワードを入力しましょう。(入力しても画面上には何も表示されません)

これで準備OKです。

ここでBashを閉じて、PowerShellで下記コマンドを実行してしましょう。(管理者でなくてもOK)

wsl -l -v

wsl2インストール完了

図のようにUbuntu-20.04が「VERSION 2」で「Running」していればOKです。

まとめ

いかがだったでしょうか? 特に難しいところはなかったかと思います。 これでMacと同じプログラミング環境がWindowsでも使えるようになりました。

オススメのWindows PCはこちら

このままUbuntuのBashターミナル上で開発環境を構築していくのも十分に可能ですが、もう少し使いやすくすることができます。

次回はWSL2をもっと使いやすくするTipsを紹介していきます!

ホーム開発環境Windows10分でできる!WSL2でWindowsにLinux開発環境を作ろう!

Ads

すべての記事

  • すべての記事を読む

システム開発関連の記事

  • システム開発関連すべて
  • インフラ
  • Git

UIデザイン関連の記事

  • UIデザイン関連すべて
  • Figma

フロントエンド関連の記事

  • フロントエンド関連すべて
  • フロント技術全般
  • React

バックエンド関連の記事

  • バックエンド関連すべて

開発環境関連の記事

  • 開発環境関連すべて
  • Windows

生活関連の記事

  • 生活関連すべて
  • フリーランス
  • 学び